やっぱりアジアは最高!次はどこに誰と行くのかな~。そんな日を夢見て毎日HAPPYに過ごしたい!


by chikachika175
カレンダー

<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日は初めてカンボジアについて話したい!
いよいよアンコールワット!

カンボジアに行ったのは去年の3月。
もう1年3ヶ月も経つのね。
最初はベトナムに行こうと思ったんだけど、
ホーチミンだけじゃつまんない!
ならば国境を越えるべし!ってことで
憧れのアンコールワットに行くしかないでしょ!

アンコールワットの存在を知ったのはたぶん中学生の授業でだと思う。
それ以来こんなすごいところがあるなら絶対行きたい!
と熱い想いを持ち続けてたんだな。

e0001586_0433551.jpg

アンコールワットが近づいてきた時はもう唖然というか
もう言葉が出なかった。胸がつまって涙が出そうだった。
写真でしか見たことがなかったものが自分の目の前にあるって
ホントにすごいことだよね。

続きはまた今度。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-05 00:49 | カンボジアCambodia
この前はマチュピチュのスタンダードな写真を載せました。
これは自分でもすごく気に入っていて、壁紙にもしてる。
マチュピチュの遺跡の中にはたくさんの階段がある。
その中でも真ん中くらいに写ってる階段があたしのお気に入り。
e0001586_22285198.jpg

こんな感じ。横から見たのもいいけど正面から見るのもすごく好き。
なんてキレイな階段なんだろうって思った。
これが何百年も前に造られたかと思うとすごいの一言に尽きる。

そしてなかなか見れない別角度からのマチュピチュ。
e0001586_22384550.jpg
これは正面のワイナピチュに登らないと見れないんです。これもまた好き。
やっぱり偉大だよなあ・・・マチュピチュって。
とにかくゆっくり細かいところも見て欲しいので参考まで。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-03 22:44 | ペルーPeru

一人旅。

2005年も半分が過ぎちゃいました。
今年の夏休みはどこにいこうかと悩んでいたんですが、
どうやら今年はどこにも行けなそう・・・。
時間はあるけどお金がない!!

海外へ行けないのは自分のモチベーションを保てないっていうか
それに向けて頑張ろう!とか楽しんだから頑張ろう!っていう意欲が湧かない。
だから絶対長期の休みには海外逃亡してたのに・・・。

今すぐ旅に出れるなら、気分は一人旅。

今の日常から抜けだして、誰のためとかじゃなく
ただ自分のために時間を過ごしたい。
すべてのことを忘れてリセットできたらいいのに・・・。
ほんとにそう思う。
自分がどんな人間でどんな環境にいてどんな生活をしてるかなんて
誰も知らない。だから日常から離れて自分を見つめられる。
何もかも新鮮ですべて自分の手にかかってる。
だから自分の自信になるし、忘れられない旅になる。
そういうところが一人旅は好き。
だから今すごく一人旅に行きたいのかも。

ちょっと前は、女なのに一人旅すごいよね・・・。ってよく言われた。
でも最近はみんなそれが当たり前のように、
またどこか行かないの?って聞いてくる。
あたしは女だろうが、男だろうが、
一人旅したことない人はもったいないと思う。
一人旅したら誰でも何かは変わると思うから。
ほんの小さい些細なことかもしれないけど、
発見できたり、強くなれると思うから。
絶対に行っておくべきだよ。だって今しかないんだもん。

ん~、考えてたらまた一人旅に出たくなってきた。
次はどこに行こう???
行きたいとこいっぱいありすぎて困ってます。
何かいいとこあったら教えてください・・・。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-03 00:49
ちょうど昨日の朝、起きたらすごい大雨だった。
ここは日本じゃない、スコール降ってるって思ったよ。

タイに1人旅に行った時の話。
時期はちょうど10月末から11月にかけて。
雨季から乾季の変わり目だった気がします。
あたしはカオサンに泊まって、チャオプラヤ川をボートで移動するのがお気に入りなんです。
船着場でこれからどうしようかなぁって1人ボーっとしてたら、
日本人の男の子2人に会いました。
どこに行くか聞かれたので、決めてないって言ったら、
一緒に行かないかと誘われ、3人で一緒に行くことにしました。

目的は法医学博物館。通称シーウィー博物館。
ここは何らかの犯罪や事故に関わり、法医学による鑑定が必要だった
遺体や臓器が保存されている。
そしてここに保存されている、死体標本がシーウィー。
幼児を殺害し、不老長寿の薬として内臓を食していたらしい。

他に解剖学博物館も同じ敷地内にあり、水頭症の子供など
ホルマリン漬けになった遺体が並んでいた。
まさかバンコクでこんな衝撃的な博物館に行くとは思ってなかった。
かなり考えさせられる一日だった。

そのあともご飯を一緒に食べたり、マッサージ行ったり、買い物したり、
3人で楽しく過ごしました。
2人はその日の夕方のバスでタオ島に行くからそこでお別れ。
1日しか一緒にいないのになんかずっと前から友達だったみたいな気がして
お別れするのがつらかったです。
2人は今頃どうしてるんだろう。元気かな?

もしバンコクに行ったら半日くらい行ってみてはどうでしょう?
少し考えてみるのもいいんじゃないですか?
チャオプラヤ・エクスプレスに乗ってワンランでおりてすぐですよ~。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-01 23:19 | タイThai