やっぱりアジアは最高!次はどこに誰と行くのかな~。そんな日を夢見て毎日HAPPYに過ごしたい!


by chikachika175
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:カンボジアCambodia( 6 )

『Alohasia』のqoosさんのところへ遊びに行ったら、
なんと今日はアンコールワットが出てるじゃないですか!
なんだか久しぶりに懐かしくて思わず、こんな写真を撮ってしまいました。
e0001586_1553986.jpg

これ、カンボジアのビール『Angkor』です。
やっぱりビールにも名前がついちゃうくらいすごいんだね。
カンボジアで飲んだ時は冷えてなくてぬるいのがでてきたのを覚えてます。
やっぱりアジア!ってかんじの味だったな。
あ、chikachikaの爪、初公開。

見えるかな?ビールの右付近がご存知カンボジアです。
日本も見えるかな~?
ちなみにこの地図、ベトナム&カンボジアの旅に行った時に
ベトナム・ホーチミンの本屋さんでたしか¥100もしない金額で買ったもの。
あんまり見えないけど、すべてベトナム語で書いてあるため全然読めない。
でもそれがよかったんだけどね。
日本はベトナム語で・・・・NHAT BANだって。

またアンコールワット行きたいよ~。
[PR]
by chikachika175 | 2006-01-16 01:55 | カンボジアCambodia
久しぶりにカンボジアに行きたくなったので
今日はアンコールについて・・・

アンコール遺跡に行った時に1つだけ後悔してることが・・・。
数々の訪れた場所でチャリ&バイクで激走してきたけど、
アンコールの遺跡群を廻る時だけは残念ながらできませんでした。

理由は・・・チャリを借りようと思ってお店に行ったんだけど、
時間が遅すぎて閉まってたから。
そんな理由でチャリには乗れず・・・・残念。

そんなこんなで車でタ・プロームに行きました。
タ・プロームはその遺跡に巨大な木の根がからみつき、
自然の脅威を見せつけられる場所です。
人間の力なんて自然のそれには及ばないってことを
身をもって感じさせられます。
e0001586_143650.jpg


このタ・プロームの奥のほうに地元の子供たちが遊んでました。
みんなすごくかわいくて、一緒に写真撮ろう!
って言ってみんなで写真を撮りました。

撮り終わった時、その中の男の子が一言・・・
“money”って言って、小さな手をあたしたちに向けてきました。
すごい複雑、胸が締めつけられる、なんとも言えない感情・・・。

今まで東南アジアの国では、子供の物売りには幾度となく会ってきたけど、
写真を一緒に撮ってというのは初めてだったんだよね。

今は同じ空間にいるのに、こんなに違うそれぞれの背景。
誰が、そして何がいいのか、悪いのか、正しいのか正しくないのか・・・
そんなことはあたしにはわからなかったけど
ただただ重くのしかかってきた。

思い出すとただ胸が苦しくなるタ・プロームでの思い出でした。
[PR]
by chikachika175 | 2005-08-30 02:08 | カンボジアCambodia
アンコール遺跡に行ったらサンライズ&サンセット!
ということで今日はまずサンセットから。

夕日がキレイなことで有名なプノンバケンに行った。
夕日スポットとしては人気No.1!ってことで人がわんさかいました。
日本にいると夕日が沈んでいくところをずっと眺めているなんてめったにない。
ただただ沈み行く太陽を眺めていろんなことを考えながら想いにふける・・・
みたいなかんじでみんながみんな自分の世界に入っている。
あたしも夕日を見ながら想いにふけりたい・・・。

しかしなんかイヤな予感が・・・・。
と思っていたら案の定ビンゴ。
日本人の年配の人たちがあたしたちの前に陣取ってきました。
ボーっとして自分の世界に入りたいのに、ず~っと日本語でおしゃべりしてる・・・・。
会話が聞き取れるだけに日本語は聞きたくなかったんだよな、この時だけは。
お願いだから時と場合を考えてくださいよぉ。


でもサンセットはホントにキレイだった。
眼下には西バライ。西バライは人工的に造られた大貯水池。
その向こうの大地に沈む夕日。
日本では見たことがないような色を放ってました。
e0001586_233290.jpg

幻想的なその空間は時の流れを感じました。
最高の時間でした・・・。

日本では忙しくて1分1秒に追われ、時計でしか時間を計れない。
忘れてしまってる時の流れを感じてみてください。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-12 23:03 | カンボジアCambodia
アンコールワットの中央祠堂に登るためにはとんでもない急な階段を登らないといけない。
e0001586_2150988.jpg
ん~、わかるかな?
階段っていうより壁です、壁。
体力に自信があるあたしでもかなり必死にしがみついたもんな。

中央祠堂の上に上がるとなんだか何もしないでいるだけでも時間を忘れた。
一緒に旅してた先輩と離れて、一人ボーっとしてると、
そこで不思議な3人の集まりができた。
カンボジア人の僧侶とケベック出身フランス語を話すカナダ人、そしてあたし。
みんな違う言葉を話すから共通語は英語。
ここじゃなきゃ出会うことのなかった3人とアンコールワット。
なかなか会話がかみ合わない・・・。もどかしい。
でもその空間がサイコウだった。

そして上から見渡す景色も最高。
こんな木々の中に突如現れるアンコールワット。
時の流れが止まる気がしました。
そして西側は日陰になっていてそこで横になって空を見上げるのも最高。

とにかく何もかもが最高としか言えなかった。
ずっと会いたかった人に会えたような気分・・・・。離れるのがツライ。

もう一度行きたいなぁ・・・・・・。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-07 22:32 | カンボジアCambodia
アンコールワットに行って初めて知ったことがある。
あたしが単に勉強不足だったんだけど、写真でみるように中央祠堂の印象が強かった。
でもそこに至るまでこんなにもおもしろいんだ!
と行って初めて知った。

まず写真でよく見るのは正面からが多い。
だからどうしても中央の尖塔は3つだと思いやすい。あたしもその1人だった。
でもホントは5つ。
この3つ(真正面から進んでいる間は3つしか見えないから)は
ある時は見え、ある時は隠れる。
これを意識しながら歩くとほんとにおもしろい。

まず正面テラスからは中央祠堂は見えず、両脇の尖塔だけが見える。
西塔門までくるとそれらがすべて消える。
そしてその階段を登りきったあたりからは、
暗い塔門の中央にポッカリあいた縦型のフレームのなかに
中央の塔1つだけが見える。
e0001586_0545336.jpg

あたしはこのある意味写真のようなこの景色がすごく好き。

そしてここからやっとすべてを見せてくれる。
しかしまた西塔門テラスの階段の下にくるとすべての姿を隠す。
このようにすべてが意図的に作られていることに唖然とした。

これはいくら人から聞いても感じられないものだと思う。
一歩一歩自分の足で歩いてその変化する姿をぜひ見て欲しいです。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-06 01:03 | カンボジアCambodia
今日は初めてカンボジアについて話したい!
いよいよアンコールワット!

カンボジアに行ったのは去年の3月。
もう1年3ヶ月も経つのね。
最初はベトナムに行こうと思ったんだけど、
ホーチミンだけじゃつまんない!
ならば国境を越えるべし!ってことで
憧れのアンコールワットに行くしかないでしょ!

アンコールワットの存在を知ったのはたぶん中学生の授業でだと思う。
それ以来こんなすごいところがあるなら絶対行きたい!
と熱い想いを持ち続けてたんだな。

e0001586_0433551.jpg

アンコールワットが近づいてきた時はもう唖然というか
もう言葉が出なかった。胸がつまって涙が出そうだった。
写真でしか見たことがなかったものが自分の目の前にあるって
ホントにすごいことだよね。

続きはまた今度。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-05 00:49 | カンボジアCambodia