やっぱりアジアは最高!次はどこに誰と行くのかな~。そんな日を夢見て毎日HAPPYに過ごしたい!


by chikachika175
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ペルーPeru( 14 )

友達から先ほど連絡が来て、何かと思えば・・・
“1チャン見てる?”って。

急いでNHKをかけると、マチュピチュの特集でした。
マチュピチュがTVに出てる時は誰かしらが連絡くれます。
みんな、いつもありがとね。
そういうときに限って、出かけてたりするんだけど、今日は観れましたぁ。

写真ではなく、映像で見るとまた思い出してしまって、
あらためてスゴイなって思っちゃいました。
e0001586_2292450.jpg

今日の話だと、一番新しい説では、この石たちはどこかから運んできたものではなく、あのすぐそばの岩山を切り砕いて、しかもその岩より硬い、鉄分の多い石で砕いてたらしい。
それにしたって想像つかないよ、あれだけの都市を築いてしまうんだから。

いろいろなことを知った上でもう一度、また違った目線で
見てみたいなって思った。
またいつか行きたいです・・・。
[PR]
by chikachika175 | 2005-10-27 22:18 | ペルーPeru
ちょうど1年前、ペルーにいたな~ってしみじみしちゃう今日この頃。
なんだか妙に懐かしくなって、今日はペルーネタ。
たぶん今日あたりはチチカカ湖の高山病から開放され、
クスコでおいしい韓国料理を食べてちょっと復活してたころかな。

そういえば、去年はタイでの2回の食中毒、高山病による嘔吐等々
夏はただでさえいつも少し減るのに、
なんだか悪いことが重なって激ヤセしてたな・・・。
ペルーでは量れなかったからあくまで推測だけど、
その前の時点でかなり減ってたのでたぶん中2くらいの体重かなぁ。
そんなこともあったなぁ・・・。

もう2週間の旅も終わり、みんな朝の飛行機で
それぞれの国へ帰って行っちゃった。
でも、あたしは深夜の便だったので、
1日一人で市内を探索・・・そのときに1人のペルー人の女の子に出会いました。

その子はペルーの旧市街にある教会にいました。
教会の前の広場で壁に向かって一人で
バレーボールを持ってパスしてたんです。

その姿がすごくかわいくて、しかもバレーとは縁遠い生活をしていたので
一緒にパスしたい!って思っちゃったんだよね~。
そこですぐ行動!
一緒にやりたい!っていったらニコっと笑ってパスしてくれました。

すごく一生懸命にやってくれるから、
あたしもすごく必死につながなきゃ~!ってがんばりました。
ここがペルーだとか、街中の教会の前とか、
そんなこと忘れて二人でずっとパスしました。
ホントに楽しいひと時だったなぁ・・・。

あの子が大きくなってもずっとずっとバレーを好きでいてほしいな。
そして、そういえば昔この教会の前で変な日本人とパスしたな、
なんて覚えててくれたらうれしいのに・・・
心からそう思える出会いでした。
[PR]
by chikachika175 | 2005-09-15 01:39 | ペルーPeru
ペルーで飛行機が墜落したっていうニュースが流れました。
まだ実は詳しくはみていないのですが・・・・
最近は飛行機に関する良くないニュースが多くて本当にイヤですよね。

ペルーに行ってすごく不思議に思ったことがありました。
女の人の服装です。
みんなスカートを履いていた気がします。
しかもふわふわの。

それは民族衣装だからでしょ?って言われると困るけど、
なんだかいつも気になってました。
あたし自身ほとんどスカートを履かないので、
自分よりも歳が上のおばあちゃんやおばさんたちが
色とりどりの短いスカートを履いていたのがすごく印象的だったんです。

でもズボンっていうのはそもそも現代の社会が発展してきたと同時に
当たり前のようになってきてしまったけど、そもそもその考えのほうがおかしいのかな?

ん~、難しいことはよくわかんないや。
とにかくすごく印象に残ってるんです。
うまくスカートが写ってる写真がなかった・・・・残念。
[PR]
by chikachika175 | 2005-08-25 01:52 | ペルーPeru
クスコの次に向かったのはジャングル。
それまでは日本でいうなら秋のような気温だったので、
一気に暑いジャングルは自然にテンションが上がりましたね。

クスコからジャングルまでは飛行機と車とボートを乗り継いで半日。
ジャングルというと見たこともない動植物がウジャウジャ・・・を想像してたけど、
どちらかというと広~い森の中に大きい川があるかんじ。
アマゾンとかそういうのを想像してるとがっくしだけどね。

私たちが泊まったロッジは、部屋に扉もなく、電気もなく、蚊帳の中で寝るという造りでした。
e0001586_0253621.jpg

しかもハンモック付き!初めて寝たけどこれが気持ちいいんだよね~。
ハンモックはロビーにも5つぐらいあって最高!
寝ながら本を読んだりしてるうちに気づいたら眠っちゃってました。

夜になると蚊帳を下ろして寝ます。
窓も扉もないので屋根のある外で寝てるのと一緒ですから。
e0001586_0301016.jpg

こんな状況で寝るのはなかなか貴重な体験でおもしろかったです。

夜は電気もないので、ランプの明かりを頼りにみんなでカードゲームしながら
またビールとピスコサワー☆
かすかに聞こえる動物の鳴き声とオレンジの光によりお酒も進みました。

こんなペルーもまた違っていいですよね。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-29 00:36 | ペルーPeru
ワイナピチュに登った時にいたフランス人。
なんか絵になるから断りなく撮っちゃいました。すいません。
e0001586_2019394.jpg


インカトレイルからクスコに帰ったあたしたちは、久しぶりに飲みに行くことに。
久しぶりにパブで飲むビールは最高!!

そして掛け声はもちろん  “KANPAI~”
あたしが日本ではこういうんだよ、って大声で叫んだら、
みんなそれを気に入ってくれて、それ以来みんな“KANPAI”が掛け声になってた。

そしてビールに飽きたら飲むのがピスコサワー。
ん~、写真がないのが残念。
あえていうなら、カルピスサワーをきつくしたかんじのカクテル。
日本では甘いカクテルなんて絶対飲まないあたしだけど、
みんなにつられて飲んだらおいしい!
これが甘めでおいしいんだけど、結構強いの。
気づいたらみんな酔っ払ってハイテンション!
この旅の間に何杯飲んだかわからないな。

そういえば空港でピスコサワーの素みたいなのが売ってた。
今となっては買っとけばよかったと後悔。
人生後悔はしたくないものです。
誰かペルーに行って、ピスコサワーの素買って飲んでみてください。
ぜひぜひ感想お聞かせください。

お酒大好き!!
あ~、クスケーニャとピスコサワーでみんなと乾杯したいよ。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-19 20:56 | ペルーPeru
今日はちょっと違った、ペルーのお話です。

マチュピチュからクスコの街に戻って最初に食べたのが日本食。
“金太郎”っていうレストランです。
危うく、高山病上がりのあたしが1人で訪れそうになったお店。

一緒に訪れたのが、イギリス人、ノルウェー人2人、そしてアメリカ人。
その中でかなりの人気だったのが、アボガドのわさびしょうゆ添え!
好きな食べ物3本の指にアボガドが入るあたしとして絶対に外せないメニューだったんだけど
他のメンバーもそれまで食べてきたどんな食べ方より
しょうゆとわさびをお気に入りのようでした。
なかでもノルウェー人の女の子はずっとおいしそうにしょうゆなめてました。
日本食をおいしそうに食べてくれるとホントに嬉しいもんだね。

翌日みんなでサウナに行こう!って話になって、
インカトレイルで疲れた体を癒しに地元のサウナに行きました。
そこは絶対、普通の観光客なら行かないだろうな・・・。
アメリカ人は歳が近くて仲良かったけど、実はツアーガイドなので
何度もクスコに行ってるらしく、レアな情報に詳しいの。

ペルーのサウナはもちろん水着着用の男女兼用。
ミストサウナとドライサウナがあった。
ミストサウナ内ではみんな水かぶってたなあ。
そしてマッサージあり!!!!
めっちゃ気持ちいいけど、なぜかあたしだけ男の人!なぜ?!
でも気持ちよすぎて眠っちゃったんだけどね。

とにかくガイドブックに載ってないとこに行くのは楽しい。
そしてガイドブックに載ってても海外で日本食を日本人以外と食べるのも楽しいよ。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-07 00:55 | ペルーPeru
この前はマチュピチュのスタンダードな写真を載せました。
これは自分でもすごく気に入っていて、壁紙にもしてる。
マチュピチュの遺跡の中にはたくさんの階段がある。
その中でも真ん中くらいに写ってる階段があたしのお気に入り。
e0001586_22285198.jpg

こんな感じ。横から見たのもいいけど正面から見るのもすごく好き。
なんてキレイな階段なんだろうって思った。
これが何百年も前に造られたかと思うとすごいの一言に尽きる。

そしてなかなか見れない別角度からのマチュピチュ。
e0001586_22384550.jpg
これは正面のワイナピチュに登らないと見れないんです。これもまた好き。
やっぱり偉大だよなあ・・・マチュピチュって。
とにかくゆっくり細かいところも見て欲しいので参考まで。
[PR]
by chikachika175 | 2005-07-03 22:44 | ペルーPeru
インカトレイルももう終盤。
あとはほとんどが下り。
最後のキャンプ地は久しぶりにシャワーを浴びることができた。
3日ぶりのシャワーはほんとに気持ちよかった。
そして久しぶりのお酒!!!!ワインで乾杯!!!
あの時のワインはおいしかったなあ。

いよいよ出発して4日目。
思い続けたマチュピチュへ・・・・。
e0001586_21253630.jpg

1時間ほど歩いてたどり着いたマチュピチュは朝日を浴びて輝いていました。
これがずっと行くことを夢見てた場所なんだと思うと胸がつまりました。
ただ見ているだけど時間が過ぎる・・・そんなかんじでした。

他のメンバーとの集合は麓の街、アグアスカリエンテスにお昼に集合でした。
それからの4時間くらいはそこで過ごす予定になっていました。
ちなみにアグアスカリエンテスは温泉って意味ね。
みんな適当に見終わるとボーっと話をしたりしていましたが、
あたしはそれでは足りなくて、もっと隅々までみたくてみんなと別行動を取ることにしました。
だってこんなに思い続けてきた場所だから人に合わせるんじゃなくて
自分が納得いくまで見たかった。見なきゃ絶対後悔するって思った。
みんなには電車に間に合うように集まることを伝えて、
1人隅々まで見て周り、それからワイナピチュに向かいました。
ちなみに写真正面の山がワイナピチュ。

普通1時間近くかかるらしいのですが、勢いよく登ったので
あたしは30分で頂上まで到着しました。
ここでは久しぶりに日本人に会って日本語話しました。
毎日英語の生活だったから思う存分日本語使える喜びをかみ締めてました。
そしてワイナピチュからの眺めもまた違った景色でサイコウ!
時間が経つのも忘れてずっとボーっと見続けてました。

マチュピチュは空中都市と言われるとおりの場所でした。
そして自分の足で行けたことで絶対に忘れることのない場所になりました。
あのときの感動は一生忘れない。
ぜひ一度訪れてほしいです。
絶対忘れられない場所になりますよ。
[PR]
by chikachika175 | 2005-06-30 21:30 | ペルーPeru
今日はホントに暑かったですね。
汗かいてベタベタでした。
その帰りにびっくりなものを見つけました。

e0001586_22314135.jpg
これはペルーで最もポピュラーなジュース、インカコーラ。
この写真だと何色かわからないけど実際はカンではあんまり売ってない。
ペットボトルか瓶。そして色は真っ黄色。
コーラと聞いて黒いのを想像しがちだけど、実際は全然違う。

あたしは色のどぎつさにしり込みして、買うことができなかったんだけど、
一度ペルーの国内線に乗ったときに注文してみました。
なんとも甘い。コーラとは全然違う。とにかく別の飲み物と思ってください。

それではインカトレイルの続きに参りましょ。

1泊目のキャンプ地から朝出発してすぐの斜面がホントにきつかった。
角度も結構きつくて、しかもとにかく長い!
その斜面だけで1時間以上続いた。
そして着いたのが標高4215mのその道程で最も高いところに位置します。
ここはwoman’s dead passっていうらしい。
たしかにそんな感じ。ほんとにきつかったあ。
でもここからは下りが多い。これでだいぶ気が楽になりました。

2泊目のキャンプ地はだいぶ標高が下がったことが気温からもわかりました。
多少寒かったけど、1泊目みたいな感じではなかったな。
夕日がキレイで感動!
e0001586_2355667.jpg


でも感動といえば、この日見た星空☆には勝てないね。
周りにあかりなんかないんだから邪魔するものが何もない。
こんな空は見たことがない!一面が手の届きそうな星!☆!★!
時間も忘れて1人涙しそうになりながら感動にひたってました。

それでは続きはまた今度。
インカコーラ、気になった人はソニプラへどうぞ。
[PR]
by chikachika175 | 2005-06-28 23:06 | ペルーPeru
今日はペルーの旅の中で一番思い出に残ってるインカトレイルのお話。

普通マチュピチュに行くのにはクスコから電車とバスで行くのが一般的。
まあだいたい4時間くらいで到着する。
でもあたしは3泊4日かけて歩いてマチュピチュに行きました。
どうしてそんな大変なことをしてと思う人もいるかもしれないけど、
やっぱりずっと思ってきたものは簡単に手にはいるより苦労したほうが
絶対に心に残るし、何より変えがたい思い出になるはずと思ったから。
そしてその考えに間違いはなかったと今でも思っています。e0001586_113891.jpg

パスポートに記念のスタンプを押してもらい、インカトレイルに入る儀式をして
いよいよ出発!
このツアーに参加してた私たちのグループは10人。
それに対して荷物を持ってくれたり、テントを建ててくれたり、
食事を作ってくれるペルー人のポーターが14~15人。
なんてぜいたくなた旅なんだろうと思いました。
普通に電車やバスで行くよりもぜいたくをさせてもらっていると
そう心から思いました。

初日は標高もあまり高くなく暑くてTシャツになって歩いてましたが、
距離は一番長かったです。
まだ歩くのかまだ歩くのかってくらい登山に慣れていないわたしには長かった気がします。

e0001586_1142474.jpg
やっとたどり着いた1泊目のキャンプ地についた途端、
急激な寒さにおそわれました。
結局その日はマイナス5℃以上にはなってたと思います。
かなり寒いと聞いていたので、マイナス10℃くらい対応の寝袋を
買っていったつもりだったのに、あまりの寒さと斜面の傾き具合で
寝た気がしなかったのを今でもはっきり覚えています。
ホントに半端ない寒さ。さっきの半袖はなんだったの?ってかんじです。

インカトレイルに行かれる人は寝袋+中で包まるシートを持って行ったほうが
いいと思いますよ。たぶんあたしよりはあったかい。

ではこの続きはまた今度~。
[PR]
by chikachika175 | 2005-06-25 01:20 | ペルーPeru